脱毛機器の仕組みとは

美容皮膚科等で行う医療脱毛で使用されている機器には様々な種類があり、照射できるレーザーも脱毛機器によって異なります。医療脱毛機器の主流となっている機種の一つに、アレキサンドライトレーザーを照射することができる、ジェントル・レーズがあります。日本全国の美容皮膚科で広く導入されているこの脱毛機器は、毛根にある黒色のメラニン色素に対して働きかけるレーザー脱毛機です。アレキサンドライトレーザーを照射して、毛根周辺にある「毛乳頭」「毛母細胞」等の毛の生成工場にダメージを与えます。黒や茶色のメラニン色素のみに反応する為、周囲の皮膚へのダメージを最小限にすることができます。

アレキサンドライトレーザーとは、宝石のアレキサンドライトを利用したレーザーであり、大きく分けると、長い波長のレーザーとして分類されますが、他のダイオードレーザーやヤグレーザーと比較すると少し短めと言えます。レーザーの波長が短いということは、レーザーが届く深さが浅いことを意味しますが、脱毛効果において問題はなく、波長が短い分、毛嚢炎(もうのうえん)等の肌トラブルが起きにくくなるという長点があります。このように、肌への負担が少ないレーザー脱毛機器として多くの美容皮膚科で使用されています。